ぶつけて歯が抜けた時…


こんにちは!歯科医師の脇田です。




新年度がスタートしましたね!よしだ歯科では、新しいメンバーも増え、気持ち新たに初心を思い出す日々です。みなさんいかがお過ごしでしょうか?




本日は、歯をぶつけて歯が抜け落ちてしまった時の対応についてです。




ぶつけて歯が抜けたら・・・




抜けた歯を持ってすぐ歯医者に行ってくださいね。




その時重要になってくるのは歯の根っこ部分にある歯根膜という組織です。







生きた歯根膜があれば、抜けた歯でも元に戻すことができます。




ただし、歯根膜を傷つけたり乾燥させてしまうとくっつきません。歯の根っこ部分は大事なのであまり触らないようにしてくださいね。




抜けた歯の歯根膜を生かしておくには、身近な保存液としては牛乳です!







他には市販の歯の保存液、生理食塩水があります。




保存液がない場合は、口の中(唾液)に保存するのがいいと思います。下唇と歯との間(口腔前提)に入れて下さいね。







すぐに歯医者に行けば元に戻すことができるので、できるだけ早く行ってくださいね!

この記事を書いているよしだ歯科のスタッフ
脇田 真衣
歯科医師
脇田 真衣
患者さまが楽しくお食事ができるように誠意を持って丁寧な治療を心掛けます。