歯の治療費に関わる
知っておきたい仕組み

Medical expenses

歯の治療はとつぜん必要になるものです。
必要なお金を抑えるためにも知っておきましょう。

保険診療制度

病気やケガをして保健診療を受けた場合、
自己負担額3割までで医療サービスを受けられる制度です。

歯の治療の多くは保険が適用され、実際の費用に対して自己負担額3割まででサービスを受けることができます。
ただし、すべての治療に医療保険が使えるわけではなく、高度な治療になってくると適用外となるものもあり、歯の状態を悪化させないことが医療費を抑えるために大切なことです。

歯の問題を放置
症状が悪化
高度な治療が必要に
保険診療が効かず
高額な費用

生涯の治療費を抑えるためにも、
定期的なメンテナンスはしっかりしておきましょう

よしだ歯科では、保険診療でうけられる治療には、
のようなマークを入れてわかるようにしています。

一般治療
Treatment
保険診療自費診療

医療費控除

年間の医療費が一定以上となると、
所得控除となることがあるので忘れずに!

その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費が、10万円または年間所得金額の5%の
いずれか少ないほうを超えた場合、その超えた額(最高200万円まで)を総所得金額から控除される制度

1年間に払った歯の治療費が100,000円を超える場合は、確定申告をすることで総所得金額から超えた額を控除することができます。
特にインプラントなどの高額な治療も対象になっているので、年間を通して治療を行う場合は領収証を保存し、忘れずに確定申告を行ってください。

医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例

高額療養費制度は歯科には適用されません

よく似た制度に高額療養費制度というものがあります。
「1ヵ月の医療費が所得区分にて応じて設定されている自己負担の限度額を超えた場合にその超えた金額が支給される制度」
残念ながら、この高額療養費制度は基本的には歯科の診療には適用されません。

月・火・木・金午前 / 9:00~13:30
午後 / 15:00~18:00
午前 / 9:00~13:00
午後 / 15:00~17:00
休診日水・日・祝
※祝日のある週は水曜も診療いたします。
診療時間外の緊急時には「夜間救急・休日救急診療」をご覧ください
:休診日

LINEで
友達追加
インスタ
始めました