私は何をしているでしょう?






こんにちは! 歯科衛生士の西内です

両手に器具らしきものを持っていますが、横たわっているのは・・・




こちらは私が今年の6月から月に1度通わせていただいている卒後研修スクール

「Jokanスクール」での研修風景です!




この研修でどのようなことを学んでいるのかというと・・・

ずばり! 人間に見立てたマネキン人形を使って、

歯石取りの技術を学びます!!!




歯の根っこについている歯石はとても固く、

ましてや歯茎の中に隠れているのでなかなか見えません!




そんな歯石を取るのは至難の技です。

まさに歯科衛生士の技量が治療の効果に差を出すと言っても過言ではありません




いかに患者さんに痛みが出ないように、歯石の取り残しのないように、短時間で除去できるかが重要になります!

研修では、Jokanスクールの校長である上間先生の実際のデモを観察し、ポイントに沿って真似をしていきます。

また、歯石取りの精度は歯石を取るための道具(スケーラー)のシャープさにも影響を受けます。





こちらがスケーラー! 刃先を歯茎の中にそっと入れて歯石の下に引っ掛け、弾き取ります。




料理家が包丁を丁寧に管理されているのと同じで、私たちもスケーラーを1度使えば、その度に丁寧に研いでいるんです!

しっかりとシャープな刃をつけることで歯石がパキッと取れます。




そのための正確な研ぎ方も研修でみっちりと教えてくださいます。

それだけではなく、研修では上間先生や講師の先生方から歯科衛生士としての在り方や考え方も教えてくださいます

Jokanスクールは、歯科衛生士としての技術だけではなく、人間力も高めることのできる研修です。




そして何より、一緒に学ぶ同期との交流もまた、研修の醍醐味と感じます!

県外から泊まりで研修に臨み、強い意志と覚悟を持って貪欲に学んでいく同期の存在は私にとっての大きなモチベーションであり、一生の財産です

学びの機会を与えてくださりいつも心から応援してくださる院長には感謝の気持ちでいっぱいです。




Jokanスクールで学んだことをまずは自分自身がしっかりと身に付け、当院の歯科衛生士のさらなるレベルアップに寄与していきます!!!

そして、ご来院いただいた全ての患者さんへ安心・安全な質の高い医療を提供していけるようにスタッフ一同、日々精進してまいります!!!





この記事を書いているよしだ歯科のスタッフ
西内 彩子
歯科衛生士
西内 彩子
日々、知識と技術の向上に努め、皆さまのお口から心と体の健康をサポートします!