今話題になっている舌癌…




みなさんお口の中をじっくり見たことはありますか?




口内炎、ヘルペス、ヘルパンギーナ、手足口病…お口の中に症状がでる病気はたくさんあります。




舌癌は口腔癌の一つです。




口腔癌の中でも舌癌は6割を占めるほど多く見られます。




舌癌は舌の前2/3と舌下面の範囲で発生する腫瘍です。




多く見られるのは、舌の両脇にできるシコリのようなもので、痛みや出血を伴うことはほぼありません。




舌の下にできる事も多く、この場合は自分では見ることができないので、なかなか気付かないことも多いです。




進行してからは痛みや出血、口臭なども診られることもあります。




🌟原因




原因ははっきりとはわかっていませんが、喫煙、飲酒、虫歯、合わない入れ歯、合わない詰め物などが考えられています。




お口の中隅々まではなかなか自分では診ることができません。




定期的に歯医者に通い、お口の中を隅々まで歯科医師、歯科衛生士に診てもらうことが早期発見、予防に繋がります。




歯周病、虫歯の予防はもちろんのこと、口腔癌になる前の病気たくさんのことを予防し、生涯健康なお口で生活できるようにしていきましょう💗




よしだ歯科では少しきになることがあれば診させていただきます。




何かご相談事があれば一度ご連絡をください。





箕面の歯医者ならよしだ歯科 TOPへ戻る

この記事を書いているよしだ歯科のスタッフ
高木 菜々
歯科衛生士
高木 菜々