呼吸が歯並びに関係‼︎⁇


こんにちは☀️歯科衛生士の藤田です☺️




突然ですが、お子さんにこのような様子はありますか?




*お口がポカンと開いている




*歯並びガタガタ




*鼻炎・鼻づまり




*喘息・アトピー




*いびき・歯ぎしり




*くちゃくちゃ食べる・食べるのが遅い




*姿勢が悪い・落ち着きがない




*眠りが浅い




*寝相が悪い




いかがでしたか?これら全ての原因は、口呼吸にあるかもしれません❗️




マスク生活が続き、息苦しさからマスクの下では口が開いている子が増えているという事もよく耳にするようになりました💦




鼻づまりが多い子、アレルギー性鼻炎が原因かとだけでなく、口が開きっぱなしになり口呼吸が癖づいた事で鼻づまりを起こしている可能性もあります❗️




鼻呼吸と口呼吸、どちらが健康的な身体をつくるかというと、鼻呼吸です❗️




少し長くなってしまうので、鼻呼吸と口呼吸の違いについてはこちらをご覧いただけたらと思います⭐️(大人気!えだちゃんネル❣️)









では、何故、呼吸が歯並びにも繋がってくるのでしょうか☺️




そしてそこには舌の動きがまた大きく関わりを持ってくるのもポイントです✨




鼻呼吸ができず、口呼吸になると…




口がポカンと開いてしまい…




舌は常に下に下がってしまいます…




舌が下がると上の顎の成長を促すことができません…




すると次第に大人の歯に生え変わる時、顎が小さいままだとガタガタになっていきます…




簡易に説明するとこのような連鎖が起こってしまうのです!




今すでに生え変わり時期のお子さんの歯がガタガタな場合、




もしかしたら呼吸に原因があったのかもしれない!という事です👌




よしだ歯科では、お子さんの健康面に着目し、歯科予防矯正として、呼吸*姿勢*舌*咀嚼などを改善するトレーニングプログラムを行なっています☺️(保険対象外)




対象になるかどうか、お子さんの口腔内を診察し歯科医師の診断のもと、ご説明させていただきますので、ご相談いただけたらと思います。




対象年齢は、5歳〜8歳までとなっています🌸




YouTubeえだちゃんネルでは、




お口ポカンについてたくさん情報提供されているので、是非ご覧いただけたらと思います⭐️




チャンネル登録もお願いします😆❣️