花粉症とお口の健康について


花粉症とお口の健康について




皆さん、こんにちは!

歯科衛生士の中西です!

2月末になり、少しずつ気温が上がって

過ごしやすくなってきましたね🌸😊




ここ数日、患者さまから

『鼻がムズムズして、、』『ケア中にくしゃみ出るかも、、』

などなど、

『花粉症』についてのお話を良く耳にします。




人によっては眠れなかったり、

お仕事に集中出来なかったり、

この時期は辛い方も多いのではないでしょうか😭




花粉症は花粉がアレルゲンになって起こるアレルギー疾患で、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが症状ですが、

稀にアトピー性皮膚炎の症状や喘息の症状を起こすこともあります。




しかし、花粉症の影響はそれだけではなくお口の健康にも影響してくるのです!!!




花粉症の症状でよくあるものとして「鼻づまり」が挙げられます。鼻がつまると鼻で呼吸がしづらくなり、口で呼吸をするようになります。

そうすると、お口の中が乾いてしまい、本来唾液が持つ自浄作用や殺菌作用などが発揮されなくなってしまいます。




このような状態が続くと、お口の細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが上がります!!




また、花粉症の薬で副作用として「口が乾く」というものがありますが、

このような薬の副作用によってお口の中が乾燥し虫歯や歯周病のリスクが高まることも考えられます😢




少しでもリスクを下げる為に、

殺菌剤が入っている洗口剤を使用したり

歯ブラシ、フロスを丁寧に行うなど

負担が無い範囲で意識してみてくださいね✨