虫歯繰り返してませんか?原因考えませんか?


虫歯繰り返してませんか??




対症療法をやめて原因療法しませんか??




こんにちは!歯科医師の栄田です!




突然ですが、歯医者の仕事ってなんだと思いますか?




「歯を削ること?」




「歯を抜くこと?」




一般的にはそう思ってる方も多いと思います。




しかし、歯科医師の本当の役割とは




「歯を守ること!」




です!




よしだ歯科の歯科医師はみんなもう出来る限り歯を削ったり抜きたくないんです。本当は。。。




虫歯が出来てしまったり、根っこが割れていたり、そうせざる得ないから削ったり歯を抜いたりします。




歯は体の一部です。




しかし、皮膚などと違って削ると二度と再生しません。




抜いてしまったら一生生えてきません。




だからこそ歯の大切さに気づいて欲しいのです。




虫歯を繰り返すとその分歯を削ってしまいます。歯周病が治らないと歯はグラグラ抜け落ちていきます。




そういうその場しのぎの治療を対症療法といいます。




虫歯になったから削って詰めて、歯周病なったから歯を抜いてなど、その場しのぎの治療にすぎませんし、いたちごっこの始まりです。負のループですね。その分は歯は無くなっていきます。




これをやめませんか?




そして




虫歯なったらなんで虫歯になったか考えましょう?




歯周病なったらなんで歯周病なったか考えましょう?




原因がわかれば繰り返さないで済みます。そしてその原因を突き止め原因を除去するのが原因療法です。




よしだ歯科は予防歯科としてその原因を考え歯を守っていきます。




お口の中でお困りがあればなんでもご相談ください!









箕面の歯医者ならよしだ歯科 TOPへ戻る

この記事を書いているよしだ歯科のスタッフ
栄田 良一
歯科医師
栄田 良一
子供と接するのがすごく楽しいです。一緒にお口の健康を守っていきましょう!