2019年、ありがとうございました!良いお年を!!


皆さんこんにちは、こんばんは!最上です。




年の瀬、いかがおすごしでしょうか?




2019年もあと数時間です。皆さんどんな年でしたか?




2019年力を入れていた事の一つが「CEREC(セレック)」です!




CERECとは、




CEramic REConstruction(セラミックによる歯の修復)の略称で、




文字通りセラミック材料を用いた修復治療を指します。 




今日はそのCERECについて、超簡単に、ザックリお伝えできればと思います。




①虫歯をとる、形を整える




②口腔内スキャナで歯の写真を撮る(型取り)




③PC上で詰め物の設計を行う




④ミリングマシーンで削り出す(当院の待合いにある機械です)




⑤修正して歯にセットする




大まかに言うとこんな感じです。




今までは歯の型をとって1〜2週間後にセットするのが一般的でした。




しかし、CERECのシステムであれば即日セットできるのです。※




当院でも今後「OneDayTreatment」を推進していきたいと思っております。(※症例によって出来ないケースもございます)




CERECは、↓のようなセラミックの塊を削り出して詰め物を作ります。








このブロックは機械的に均一に作られているものなので、物として非常に安定しています。




次に歯との「着け方」です。




銀歯は簡単に言うと、接着剤で歯と着けるイメージ。




CERECは歯と同一化させるイメージです。




伝わりにくく申し訳ありませんが、こんな感じです。




使える接着剤も違うため、接着剤の流出や、劣化においてもCERECの方が優位です。




しかしどんな良い素材で修復し、どんな良い接着剤を使おうと、お口の中が清潔でなければすぐにダメになります。。。




管理メインテナンスするからこそ良いものがより長持ちするのです!




本当にザックリでしたが、詳しく知りたい、興味がある方はお声がけください。




それでは2019年、本当にお世話になりました!!




2020年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!




良いお年を〜!




箕面の歯医者ならよしだ歯科 TOPへ戻る

この記事を書いているよしだ歯科のスタッフ
最上 陽一
歯科医師
最上 陽一
少しでも皆様の、健口に役立てるよう頑張りますので、よろしくお願い致します!