歯科でのプラセンタ


みなさまこんにちは。 TCの山﨑です。




先日、プラセンタで有名なUTPさんへプラセンタの勉強の為行ってまいりました。








そもそもプラセンタって??何??という方。




プラセンタとは「胎盤」の事です。プラセンタは生命の始まりである受精卵を( 大きさ約0.01㎜ )、約10ヶ月の妊娠期間に重さ約3kgもある赤ちゃんへと成長させる力を持っています。プラセンタは新しい細胞を作って老化した身体を細胞レベルで若返らせる手助けをしてくれます





プラセンタと聞くと女性の方はよくご存じだと思いますが、なぜ歯科でプラセンタ??と思われるかも知れませんね。




歯科では外科処置を行うことも少なくありません。
また、歯肉を切開したその後、その傷を治療する補助としても期待できます。 特にインプラント等の処置をされた方には、処置後に飲んでいただくと傷の治り等が違いますし、最近歯茎が痩せてきたな~とお感じの方には、定期的なクリーニングとともにお勧めしておりますし、またプラセンタにより、歯周病改善への一助となる場合もあります。 




女性の方だけではなくもちろん男性の方にもお勧めです!!以前に、患者様がうちの主人が飲むと違う!体が楽!買ってきてと言われたんです、と言ってご購入されていました。




プラセンタは口腔内に限らず、嬉しい作用もあります




特に私の場合は疲れたな~という時にプラセンタを飲むと疲れのとれ方が違うように思います。




口腔内のアンチエイジングの為だけではなく、体にも変化を感じれるので一つで二役!!




色んなプラセンタがありますが、当院で扱っているプラセンタは医療現場でのみ取り扱えるメルスモンプレミアムカプセルという商品です。





JHFA認定の高い安全性と品質が確保されたプラセンタカプセルです。1日4粒でプラセンタ純末1,280mgが摂れます。1箱1日4カプセルで30日分あります。 注射はちょっと抵抗が・・・という方にも安心してお飲みいただけます。4錠でプラセンタ注射2アンプル相当、注射と違い継続してお飲みいただけるサプリメントです








試してみたいな~という方やちょっと気になるな~いう方、是非いつでもお声かけください!







箕面の歯医者ならよしだ歯科 TOPへ戻る













この記事を書いているよしだ歯科のスタッフ
山﨑 悦子
歯科助手
山﨑 悦子
心からの笑顔の為に努めてまいります