知られざる★キシリトールの秘密

 

『歯にいい!』『むし歯になりにくい!』…

 

今では馴染み深いキシリトールですが、

実はとってもスゴイんです!!!

 

今回はそのキシリトールの秘密をご紹介します!

そもそもキシリトールって何?

キシリトールは天然の甘味料です。

樹木から採れ、主に北欧の国々で生産され、とても希少価値の高いものです。

ショ糖(砂糖の主成分)とほぼ同じ甘さですが、カロリーはショ糖より低いです。

 

キシリトールってどうしていいの?

むし歯の原因はお口の中にいるむし歯菌(ミュータンス菌)。

ミュータンス菌が歯に酸を出すことで、歯が溶けて穴が開いてしまいます。

キシリトールはそんなミュータンス菌に直接働きかけ、ミュータンス菌そのものを弱らせます。

その結果、むし歯ができにくくなります。

 

ここからは少し詳しく説明させていただきます。

善玉ミュータンス菌が優勢になる!活動性の高い悪玉菌と活動性の低い善玉菌がありますが、キシリトールはその悪玉菌を減らすことで、善玉菌が優勢になり、むし歯になりにくくなります!

歯を溶かす酸が作られない!ミュータンス菌は糖分から酸を作り出しますが、キシリトールからは酸は全く作られません!

 

他にも、お母さんから子どもへミュータンス菌が移りにくくなったり・・・と、キシリトールの力は侮れません。

 

こんな時にオススメ!キシリトール!

●大人の歯が生えてくる

大人の歯が生える1〜2年前からキシリトールを摂取すると、その大人の歯のむし歯になるリスクは93%減少することがわかっています。

 

●矯正治療中

複雑な装置が入り、歯磨きが大変・・・。キシリトールは歯垢の歯への付着力も弱めてくれるので、歯磨きが簡単になります!

 

●ダイエット中

キシリトールは砂糖とほぼ同じ甘さなのにカロリーはショ糖に比べて低いです。

 

現在、キシリトールが含まれている製品はガムだけではなく、タブレットやチョコレートなどが販売されています。

キシリトールを上手に使い、虫歯のないお口を目指しましょう
何か気になることがございましたら、お気軽にスタッフまでお声掛けください!

 

 

そして話はがらりと変わり・・・!

 

いきなりですが、私たち・・・!!!

 

 

大阪マラソンに出場します!!!!!

 

11月25日に開催される大阪マラソンに、よしだ歯科から7名(院長、最上、栄田、脇田、中谷、角、西内)出場が決まりました!

週に1回、診療後にランニング練習を行い、本番に向けて体力とメンタル(笑)を鍛えております!

このブログをご覧頂いてくださっている方で、出場される方がいらっしゃいましたら、残り3か月、一緒に頑張りましょう!!!


箕面の歯医者ならよしだ歯科 TOPへ戻る

歯科衛生士 西内

この記事を書いているよしだ歯科のスタッフ
西内 彩子
歯科衛生士
西内 彩子
日々、知識と技術の向上に努め、皆さまのお口から心と体の健康をサポートします!